添付チャートは、ドル円4時間足をスパンオートシグナル(https://www.xfine.info/sauto/ ) で表示したチャートです。

尚、チャートは、スーパーボリンジャー、スパンモデルの全てのラインを表示した、フルバージョンのスパンオートシグナルです。

四角枠内の直近の動きに注目してください。

まず、スーパーボリンジャー部分ですが、直前まで、終値が+2σラインの上方を推移しており、本格上昇トレンドとなっていましたが、現在のローソク足の終値次第で、調整の反落局面入りの可能性が高まっています。

ポイントは、終値が+1σラインを下回るかどうかです。

続いて、スパンモデル部分ですが、青色四角枠が出現していること、そして、背景色が薄青色に変化しています。

まず、青色四角枠出現は、買いシグナルですが、終値に注目です。

終値が+2σラインを下回ると、逆行パターンの売りサインとなります。

そして、薄赤色の背景色について、これは、赤色スパンが陽転したことを示していますが、変化した一本目のタイミングで高値を付けています。

赤色スパンが転換するタイミング、つまり、背景色が変化するタイミングは高値や安値を付ける確率がかなり高いです。

いずれにしても、相場の方向性が変化(上昇方向から下落方向)した可能性が高まったと読めます。

 

★★より詳しい解説等は、
マーフィーの実践トレードコーチング
を参考にされてください。

 

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

 

★★マーフィー流FX
「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。
こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/