添付チャートは、ドル円1時間足をスパンオートシグナル(https://www.xfine.info/sauto/ ) で表示したチャートです。

尚、チャートは、スーパーボリンジャー、スパンモデルの全てのラインを表示した、フルバージョンです。

四角枠出現のタイミングや背景色の変化のタイミングに注目してください。

左の方から、背景色が薄赤色から薄青色に変化したタイミングにてドル高値をつけています。

その後、ドル円相場は反落したことが見てとれます。

その後、赤色四角枠が出現しましたが、このタイミングにてドル安値ををつけています。

ここでは、売りシグナルの逆行パターンの買いサインとなっています。

その後、反転上昇に向かっています。

続いて、青色四角枠が出現しましたが、このタイミングにてドル高値をつけています。

ここでは、買いシグナルの逆行パターンの売りサインとなっています。

その後、反落していることが見てとれます。

以上の通り、スパンオートシグナルを用いることで、相場が高値や安値をつけるタイミング(相場の変化時間帯)を「知る」ことが出来ます。

もちろん、判定には、簡単なルールを学ぶ必要はありますが、基本的に、難しい「判断」は必要なく、ただ、「知る」だけなので楽です。

 

★★より詳しい解説等は、
マーフィーの実践トレードコーチング
を参考にされてください。

 

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

 

★★マーフィー流FX
「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。
こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/