添付チャートは、ドル円1時間足をスパンオートシグナル
https://www.xfine.info/sauto/ ) で表示したチャートです。

尚、チャートは、スーパーボリンジャー、スパンモデルの全てのラインを表示した、フルバージョンのスパンオートシグナルです。

まず、スーパーボリンジャー部分に目をやると、現在のドル円相場は、レンジ相場と判断します。

判断根拠は、
1)遅行スパンがローソク足に絡んで推移していること、
2)バンド幅が収束傾向にあること、
等々です。

目先は、レンジ相場にあるため、相場が放れるまでは、カウンタートレード(俗に言う逆張り)がワークしやすい地合いにあります。

もちろん、このカウンタートレードは見送るのも一手です。

尚、カウンタートレードを行うには、下位の時間軸のスパンモデルスペシャルにて、逆行パターンの売買サインに従うのが効果的です。

たとえば、スパンオートシグナル(https://www.xfine.info/sauto/ ) を活用すると、この逆行パターンを活用したカウンタートレードが行いやすくなります。

また、トレンド発生の際の「相場の放れ」の条件は、

1)遅行スパンがローソク足から上放れる、もしくは、下放れる、

2)終値が+1σラインの上方にて引ける、もしくは、-1σラインの
下方にて引ける、

3)バンド幅が拡大傾向に転じる(「エクスパンション」と言います)、

4)加えて、追加補足要件として、放れのタイミングで、終値が
+2σラインを上回る、もしくは、-2σラインを下回ること、
さらには、遅行スパンがローソク足のみならず、+-2σライン
をブレイクすること、
等々です。

そして、相場が放れるタイミング、すなわち、トレンドが発生するタイミング近くにて、たとえば、5分足にエントリーのタイミングを計るのが鉄板のトレード戦略です。

このエントリーのタイミングとは、たとえば、
1)直近の高値や安値をブレイクする、
2)終値が+2σラインを上抜ける、もしくは、-2σラインを下抜ける、
等々、要するに、先ほど上でご紹介した「相場の放れ」の現象が生じる
タイミングです。

続いて、スパンモデル部分についてです。

チャートをご覧の通り、背景色が薄青色となっていることから、赤色スパンが上昇方向であることが分かります。

つまり、長期的には買い優勢だということです。

続いて、スパンモデルシグナルについてですが、直近にて、赤色四角枠が見えます。

すなわち、売りシグナルが点灯しています。

ただ、シグナル点灯時の猶予期間中(5本分)の終値がセンターラインと-1σラインの間に位置していることから、判断は中立と読みます。

いずれにしても、相場が放れていくタイミングでのトレンド発生を待って、トレンドに乗りたいところです。

 

★★より詳しい解説等は、
マーフィーの実践トレードコーチング
を参考にされてください。

 

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

 

★★マーフィー流FX
「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。
こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/