添付チャートは、ドル円の1時間足スーパーボリンジャーです。

2つの四角枠があります。

四角枠Aは、調整の反落局面、四角枠Bは本格上昇トレンドと判断します。

すなわち、四角枠A内では、終値が+1σラインを下回って以降、調整の反落局面に入り、調整反落の最終ターゲットである-2σラインには到達しきれずに反転上昇に転じました。

このように調整局面での動きは読みづらいものがあります。つまり、調整局面の最終ターゲットに到達しきれずに、反転することもあるという点が悩ましいです。

そのため、押し目買いを狙う場合、-1σラインから-2σライン近辺の「ゾーン」という捉え方をする方がベターです。

そして、終値があらためて+2σラインの上方で引けた時点で、再度、本格上昇トレンドに戻った格好です。

したがって、今後の注目点は、あらためて、終値と+1σラインとの位置関係となります。

すなわち、終値が+1σラインの上方を推移するかぎり、本格上昇トレンド継続となる一方で、終値が同ラインの下方で引けると、調整の反落局面入りする可能性が高まります。

尚、1時間足スーパーボリンジャーは、ゆったりデイトレードを行う際の売買判断に活用できますが、同時に、デイトレードを行う際の大局観の判断に活用するのが効果的です。

1時間足スーパーボリンジャーで大まかな判断を行いつつ、たとえば、5分足スパンモデル(スペシャル)にて、詳細な売買判断を行っていく手法がお勧めであり、時間軸の組合わせです。

★★より詳しい解説等は、
マーフィーの実践トレードコーチング
を参考にされてください。

 

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

 

★★マーフィー流FX
「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。
こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/