添付チャートは、ドル円の1時間足スーパーボリンジャーです。

現在位置を示している2つの四角枠内をご覧ください。

右方四角枠内は現在の実勢レベルの動き、左方四角枠内は、現在の遅行スパンの動きです。

左四角枠内の遅行スパンの位置に注目です。

現在、ローソク足に接触してきています。

陰転している遅行スパンがローソク足に接触する場面は、ローソク足が抵抗帯の役割を果たすことから、上値が重くなりやすい場面です。

つまり、戻り売り戦略がワークしやすい場面です。

そして、現時点での実勢レベルはというと、+1σラインから+2σライン近辺に位置しており、やはり、上値の目途と言って良い水準です。

したがって、現在は、一旦は戻り売りを行う上で、優位性をもった場面にあると読み取れます。

尚、今後、遅行スパンがローソク足の上方に抜けていく、すなわち、陽転し、実勢レベル終値が+2σラインを上方に抜けていけば、一旦はロスカットするのが無難となります。

 

★★より詳しい解説等は、
マーフィーの実践トレードコーチング
を参考にされてください。

 

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

 

★★マーフィー流FX
「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。
こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/