添付チャートは、ユーロドル日足スパンモデルスペシャルをスパンオートシグナル(https://www.xfine.info/sauto/ ) で表示したチャートです。

尚、チャートは、スーパーボリンジャー、スパンモデルの全てのラインを表示した、フルバージョンのスパンモデルスペシャルです。

以下、四角枠内の直近の動きについて、幾つかの注目すべきポイントを列挙します。

1)売りシグナルが点灯する中、終値が-1σラインと-2σラインの間にて引けており、逆行パターンの買いサインが点灯している。

2)一方、遅行スパンは陰転しており、終値は-1σラインの下方で引けており、本格下落トレンドの中にあるとも読める。

3)(1)では買いサイン、(2)では売りとの判断となり、悩ましい場面であることは確かであるが、このような場合、終値が-1σラインの下方を推移するかぎり、売り目線を優先させ、終値が-1σラインを上回るのを待って買い目線に変更するのが無難とも言える。

言い換えると、時間面をより重視するスパンモデルは、買い優位を示している一方で、価格面をより重視するスーパーボリンジャーは、売り優位を示している。

4)もしくは、前日の高値を5ポイント程度上回るまでは、下落バイアスが強いと読み、前日の高値をしっかりと上回るまでは、売り目線を優先させるのが無難とも言える。

5)他には、日足より短期の時間軸、たとえば、4時間足や1時間足チャートをチェックしながら、より優位性のある方向についていくのが無難と考える。

 

★★より詳しい解説等は、
マーフィーの実践トレードコーチング
を参考にされてください。

 

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

 

★★マーフィー流FX
「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。
こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/