添付チャートは、ドル円日足スパンモデルスペシャルをスパンオートシグナル(https://www.xfine.info/sauto/ ) で表示したチャートです。

尚、チャートは、スーパーボリンジャー、スパンモデルの全てのラインを表示した、フルバージョンのスパンモデルスペシャルです。

以下、直近の動きについて、幾つかの注目すべきポイントを列挙します。

1)青色四角が出現しており、買いシグナルが点灯している中で、終値が+2σラインと+1σラインの間で引けていることで、逆行パターンの売りサインが点灯している。

2)背景色が薄青色に変化しており、赤色スパンが陽転している中で、終値が+2σラインと+1σラインの間で引けていることで、逆行パターンの売りサインが点灯している。

3)21遅行スパン(先行する濃い紫色の遅行スパン)は、高値を付けたローソク足を通過してきており、今後、横ばい気味に推移するローソク足を通過する影響を受けやすくなっており、遅行スパンも横ばい気味に推移しやすくなっている。その為、ドル円相場は、目先、横ばい気味に推移しやすいと読める。

4)今後、日足終値が+1σラインを下回って引けると、レンジ相場入りが確認されることになる一方、終値が+1σラインをキープし続ける場合は、本格上昇トレンド入りする可能性を秘めている点には注意しておきたい。

 

★★より詳しい解説等は、
マーフィーの実践トレードコーチング
を参考にされてください。

 

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

 

★★マーフィー流FX
「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。
こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/