添付チャートは、ドル円4時間足スパンモデルスペシャルをスパンオートシグナル(https://www.xfine.info/sauto/ ) で表示したチャートです。

尚、チャートは、スーパーボリンジャー、スパンモデルの全てのラインを表示した、フルバージョンのスパンモデルスペシャルです。

四角枠内の直近の動きに注目してください。

実に悩ましい場面となっています。

すなわち、スパンモデル上の判断では、買いシグナルや赤色スパンの陽転以降、一旦は逆行パターンの売りサインが点灯しながら、その後、猶予期間中に付けた高値水準を上方にブレイクしたことで、順行パターンに変化している点です。

このような場面での判断は、大いに迷わされることが多いです。

そこで、以下のように考えていただくと分かりやすいと思います。

つまり、まずは、スーパーボリンジャーの判断を優先させること、そして、スパンモデルの判断を補助的に判断することです。

言い換えると、まずは、価格分析に優れたスーパーボリンジャーの判断を行い、その後、時間分析に優れたスパンモデルの判断を補助的に活用してやるわけです。

<<スーパーボリンジャー>>

終値が+1σラインの下方で引けたことから、「本格上昇トレンド局面」は一旦終了し、現在は、「調整の反落局面」にあると判断します。

しかしながら、底堅く推移しており、一見すると、センターラインを意識しながら上昇する「緩やかな上昇トレンド」とも読むことが出来ます。

なかなか難儀な局面だと言えます。

尚、終値が+2σラインの上方で引けないかぎり、調整の反落局面のシナリオは存続している点もポイントです。

<<スパンモデル>>

買いシグナルの点灯や赤色スパン陽転時の猶予期間中に付けた高値水準を上方にブレイクしており、順行パターンの買いサインが点灯しています。

目先、猶予期間中に付けた高値がサポートとなっている点に注意しておきたい場面です。

 

★★より詳しい解説等は、
マーフィーの実践トレードコーチング
を参考にされてください。

 

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

 

★★マーフィー流FX
「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。
こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/