添付チャートは、ドル円4時間足をスパンオートシグナル(https://www.xfine.info/sauto/ ) で表示したチャートです。

尚、チャートは、スーパーボリンジャー、スパンモデルの全てのラインを表示した、フルバージョンのスパンオートシグナルです。

さて、昨日レポートした時点以降の動きを中心に追ってみましょう。

まず、スーパーボリンジャー部分ですが、センターラインまでの下落はあるものの、センターラインをキープし続けています。

したがって、緩やかな上昇トレンド」となっています。

一方、終値が+2σラインの上方で引けないかぎり、「調整の反落局面」のシナリオが消えたわけではないです。

いずれにせよ、現時点では、緩やかな上昇トレンド局面と調整反落局面がオーバーラップしている、引き続き「難儀な場面」となっています。

その為、往ったり来たりしやすい地合いにある点には注意したい場面です。

続いて、スパンモデル部分ですが、買いシグナルの逆行パターンの売りサインが点灯していると同時に、赤色スパン陽転の逆行パターンの売りサインも点灯しています。

そして、いずれも、猶予期間中の高値は、108.50円近辺となっており、同水準が、昨日に引き続き、上値レジスタンスとなっています。

尚、このレジスタンスラインは、終値ベースでブレイクするかどうかを注視したいところです。つまり、ザラ場で抜けても、完全にブレイクしたことにはなりません。

 

★★より詳しい解説等は、
マーフィーの実践トレードコーチング
を参考にされてください。

 

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

 

★★マーフィー流FX
「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。
こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/