添付チャートは、ドル円の日足スーパーボリンジャーです。

ご覧の通り、遅行スパンはローソク足に絡んで推移しており、レンジ相場を示していますが、同時に注目すべきは、遅行スパンの上げ下げのリズムがローソク足の上げ下げとほぼ同じリズムだという点です。

これを遅行スパンの「同期性」と呼びます。

そして、遅行スパンの同期性は、継続する時まで続きます。

すなわち、この同期性は永遠に続くわけではないので、継続性が途切れるところまで続くわけです。

この続く状態にあることを「慣性の法則」とも呼びます。

相場と言うのは、まさに「相場力学」で動いていることが見てとれます。

 

★★より詳しい解説等は、
マーフィーの実践トレードコーチング
を参考にされてください。

 

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

 

★★マーフィー流FX
「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。
こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/