添付チャートは、ドル円日足と4時間足のスパンモデルスペシャルをスパンオートシグナル(https://www.xfine.info/sauto/ ) で表示したチャートです。

尚、チャートは、スーパーボリンジャー、スパンモデルの全てのラインを表示した、フルバージョンのスパンモデルスペシャルです。

以下、幾つかの注目すべきポイントを列挙します。

<日足>

1)終値が+1σラインの下方で引けて以降、調整の反落局面に入っているが、調整反落の最初のターゲットであるセンターラインに到達している。また、青色スパンとほぼ同水準であることから、比較的強いサポート水準にぶつかったことで、一旦下げ止まる格好となっている。

2)遅行スパンは、ローソク足に接触しており、一旦は下げ止まりやすくなっている。

<4時間足>

(1)売りシグナルの点灯や赤色スパンが陰転していること、終値が-1σラインと-2σラインの間に位置したことから、逆行パターンの買いサインが点灯している。

(2)スーパーボリンジャー上は、終値が-1σラインの下方を推移するかぎり、本格下落トレンドと読む。

したがって、終値が-1σラインの下方を推移するかぎりは売り目線が有効である一方で、終値が-1σラインの上方で引けると、買い目線が有効になりやすいと読む。

日足、4時間足を総合的に見て、ドル円相場は、反落の流れにあるものの、一旦は下げ止まりやすい場面にあり、調整として、どこまで反転上昇出来るかどうかを見極める局面にあると読む。

 

★★より詳しい解説等は、
マーフィーの実践トレードコーチング
を参考にされてください。

 

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

 

★★マーフィー流FX
「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。
こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/