添付チャートは、ドル円4時間足スパンモデルスペシャルをスパンオートシグナル(https://www.xfine.info/sauto/ ) で表示したチャートです。

尚、チャートは、スーパーボリンジャー、スパンモデルの全てのラインを表示した、フルバージョンのスパンモデルスペシャルです。

四角枠内の直近の動きに注目してください。

<<スーパーボリンジャー>>

「走る相場」は一旦終了し、現在は、終値が+2σラインと+1σラインの間を推移するという「巡行速度の本格上昇トレンド」と判断されます。

終値が+1σラインを上回り続けるかぎり、本格上昇トレンド継続となりますが、終値が同ラインを下回ってくると、調整の反落局面入りする可能性が高まります。

<<スパンモデル>>

買いシグナルが点灯していますが、終値の位置が+2σラインと+1σラインの間にあることから、逆行パターンの売りサインが点灯しています。

要するに、価格をより重視するスーパーボリンジャー上では、本格上昇トレンド継続中を示しているけれども、時間をより重視するスパンモデル上では、目先、ドル相場がピークアウトする可能性が高いことを示唆しています。

このような、一見悩ましい場面での判断のコツは、終値と+1σラインとの位置関係を重視することです。

すなわち、スーパーボリンジャーの判断をより重視しながら、スパンモデルの時間タイミング判断の尺度を補助的に活用していくことです。

尚、スーパーボリンジャーは、より価格を重視し、スパンモデルは、より時間を重視するチャートですが、同時に、スーパーボリンジャーは、より短期の判断、スパンモデルは、より長期の判断を下すチャートと考えても分かりやすいです。

 

★★より詳しい解説等は、
マーフィーの実践トレードコーチング
を参考にされてください。

 

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

 

★★マーフィー流FX
「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。
こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/