マーフィーの最強FX投資法を伝授ブログ スパンモデル・スーパーボリンジャー・アクティベート時間分析等の手法を駆使
マーフィーの最強FX投資法を伝授ブログ スパンモデル・スーパーボリンジャー・アクティベート時間分析等の手法を駆使
無料メールマガジン登録で特別レポートをプレゼント
マーフィの有料コンテンツ
タイアップ実施中

スパンモデル標準搭載

高速FX
条件達成でオリジナル動画プレゼント!
※詳細はキャンペーンページを
  ご確認ください


DMM FX
条件達成で書籍プレゼント!
※詳細はキャンペーンページを
  ご確認ください


外為ジャパン
条件達成で書籍プレゼント!
※詳細はキャンペーンページを
  ご確認ください


FXプライムbyGMO
【当サイト限定】最大13,000円
キャッシュバックキャンペーン実施中!


スパンモデル搭載のFX会社
外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ

FXプライムbyGMO



FX取引ならヒロセ通商へ

トレイダーズ証券[みんなのFX]

外為どっとコム

FXダイレクトプラス

トラリピ×決済トレール

サクソバンク証券




MT4を使える会社


スパンモデル標準搭載

高速FX
条件達成でオリジナル動画プレゼント!
※詳細はキャンペーンページを
  ご確認ください


OANDA Japan

MT4用スパンモデルダウンロード
サインツール(遅行スパンアタッカー)は、MT4でないと利用できません。




書籍情報

マーフィーの最強スパンモデルFX投資法
著者:柾木利彦
日本実業出版社 刊
ブログ筆者
FXブログ柾木利彦
マーフィーこと柾木利彦 (まさき としひこ)

1956年生
1980年大学卒業後、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。
ニューヨーク支店、東京本部の ドル円チーフディーラーを経て、
1992年米銀大手のシティバンク・欧州系大手のオランダ銀行東京支店
などで外国為替部長として外銀最大級のトレーディングチームを率いて活躍、現在に到る。
その間、「東京市場委員会」での副議長や「東京フォレックスクラブ」委員などを歴任。

卓越した市場関連知識を持ち、TV・ラジオ・新聞等で数多くの情報発信を行い、
東京外国為替市場の発展に貢献。
過去24年に及ぶトレード経験に基づき、独自のチャート分析 (「スパンモデル」
「スーパーボリンジャー」等)を確立。個人投資家に向けて最強の投資法
を伝授することをライフワークとして、現在も精力的に取り組んでいる。

発行
投資助言・代理業
関東財務局長(金商)第1898号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員番号 第012-02773号
東京都新宿区新宿2丁目5番16号 霞ビル4F
エフピーネット株式会社
代表取締役 松島 修

FXブログリンク集
2018年11月14日
dotline

2018NOV14.gif

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

添付チャートは、午前7時30分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、日足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

○大局観=本格上昇トレンド継続中

○遅行スパン=陽転継続しており、買い優勢

○トレンド判断と戦略=終値が+1σラインの上方を推移し続け、バンド幅が拡大傾向となるかぎり、本格上昇トレンドと判断。一方、終値が+1σラインの下方で引けると、レンジ相場に入る可能性が高まる。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

引き続き、遅行スパンが、高値を付けたローソク足を通過し、下落傾向にあるローソク足に沿いながら推移している。すなわち、遅行スパンが続落、すなわち、ドル下落する展開がメインシナリオとなる。サブシナリオは、遅行スパンが上放れ、上昇トレンド入りしていく展開となる。

買いシグナル点灯時の猶予期間中に付けた高値113.50円近辺を上方にブレイクしており、順行パターンの買いサインが点灯している。すなわち、同水準がサポート水準となる。

尚、4時間足スパンモデルでは、買いシグナルの順行パターンの買いサインが点灯継続している点に加えて、赤色スパンの上向き変化時の猶予期間中に付けた高値113.35円を終値ベースで上回り続けており、順行パターンの買いサインが点灯継続している。

■「スパンオートシグナル」のご案内

こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。
短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

2018年11月13日
dotline

2018NOV13.gif

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

添付チャートは、午前7時30分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、日足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

○大局観=本格上昇トレンド継続中

○遅行スパン=陽転継続しており、買い優勢

○トレンド判断と戦略=終値が+1σラインの上方を推移し続け、バンド幅が拡大傾向となるかぎり、本格上昇トレンドと判断。一方、終値が+1σラインの下方で引けると、レンジ相場に入る可能性が高まる。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

引き続き、遅行スパンが、高値を付けたローソク足を通過してきている点に注目したい。すなわち、今後、下落傾向にあるローソク足の影響を受けて、遅行スパンが続落、すなわち、ドル下落する展開が想定される。

買いシグナル点灯時の猶予期間中に付けた高値113.50円近辺を上方にブレイクしており、順行パターンの買いサインが点灯している点、引き続き注目。すなわち、同水準がサポート水準となる。

尚、4時間足スパンモデルでは、買いシグナルの順行パターンの買いサインが点灯継続している点に加えて、赤色スパンの上向き変化時の猶予期間中に付けた高値113.35円を終値ベースで上回り続けており、順行パターンの買いサインが点灯継続している点、引き続き注目。

■「スパンオートシグナル」のご案内

こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。
短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

2018年11月12日
dotline

2018NOV12.gif

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

添付チャートは、午前7時30分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、日足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

○大局観=本格上昇トレンド継続中

○遅行スパン=陽転継続しており、買い優勢

○トレンド判断と戦略=終値が+1σラインの上方を推移し続け、バンド幅が拡大傾向となるかぎり、本格上昇トレンドと判断。

一方、終値が+1σラインの下方で引けると、レンジ相場に入る可能性が高まる。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

遅行スパンは、高値を付けたローソク足を通過してきている点に注目したい。

すなわち、今後、下落傾向にあるローソク足の影響を受けて、遅行スパンが反落、つまりは、ドル反落する展開が想定される。

買いシグナル点灯時の猶予期間中に付けた高値113.50円近辺を上方にブレイクしており、順行パターンの買いサインが点灯している点、引き続き注目。同水準がサポート水準となる。

尚、4時間足スパンモデルでは、買いシグナルの順行パターンの買いサインが点灯継続している点に加えて、赤色スパンの上向き変化時の猶予期間中に付けた高値113.35円を終値ベースで上回り続けており、順行パターンの買いサインが点灯継続している点、引き続き注目。

■「スパンオートシグナル」のご案内

こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。
短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

2018年11月 9日
dotline

2018NOV9.gif

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

添付チャートは、午前7時30分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、日足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

○大局観=本格上昇トレンド

○遅行スパン=陽転しており、買い優勢

○トレンド判断と戦略=終値が+1σラインの上方を推移し続け、バンド幅が拡大傾向となるかぎり、本格上昇トレンドと判断。

尚、目先、スーパーボリンジャーの遅行スパンは陽転してきているが、スパンモデルの遅行スパン(パラメーター26)も併せてチェックしたい場面でもある。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

遅行スパンは、高値を付けたローソク足を通過してきている点に注目したい。すなわち、今後、ローソク足の下落に呼応して、遅行スパンが下落、つまりは、ドル反落の可能性も念頭に入れておきたい場面。

買いシグナル点灯時の猶予期間中に付けた高値113.50円近辺を上方にブレイクしており、順行パターンの買いサインが点灯している点、引き続き注目。

尚、4時間足スパンモデルでは、買いシグナルの順行パターンの買いサインが点灯継続している点に加えて、赤色スパンの上向き変化時の猶予期間中に付けた高値113.35円を終値ベースで上回り続けており、順行パターンの買いサインが点灯継続している点に引き続き注目。

■「スパンオートシグナル」のご案内

こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。
短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

2018年11月 8日
dotline

2018NOV8.gif

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

添付チャートは、午前7時30分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、日足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

○大局観=レンジ相場、ブル・ベアの分岐点

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆。陽転するかどうかの瀬戸際

○トレンド判断と戦略=目先、+3ラインと+1σラインの間をコアとするレンジ相場と判断。

一方、今後、遅行スパンが陽転し、終値が+1σラインの上方を推移し続け、バンド幅が拡大傾向となると、本格上昇トレンド入りする可能性が高まる点、引き続き注意しておきたい。

目先、遅行スパン(パラメーター21)が陽転しつつあるが、スパンモデルの遅行スパン(パラメーター26)も併せて、チェックしていきたい場面。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

遅行スパンは、高値を付けたローソク足を通過してきている点に注目したい。

買いシグナル点灯時の猶予期間中に付けた高値113.50円近辺を上方にブレイクしてきている点、注意したい。

尚、4時間足スパンモデルでは、買いシグナルの順行パターンの買いサインが再点灯している点に加えて、赤色スパンの上向き変化時の猶予期間中に付けた高値113.35円を終値ベースでブレイクしてきており、順行パターンの買いサインが点灯継続している点に引き続き注目。

■「スパンオートシグナル」のご案内

こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。
短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

2018年11月 7日
dotline

2018NOV7.gif

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

添付チャートは、午前7時30分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、日足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

○大局観=レンジ相場、ブル・ベアの分岐点

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆。陽転するかどうかの瀬戸際

○トレンド判断と戦略=目先、+3ラインと+1σラインの間をコアとするレンジ相場と判断。

一方、今後、遅行スパンが陽転し、終値が+1σラインの上方を推移し続け、バンド幅が拡大傾向となると、本格上昇トレンド入りする可能性が高まる点、注意しておきたい。

目先、遅行スパンがローソク足を上方にブレイクして陽転していくか、それとも、ローソク足に抑えられながら推移していくか、特に注視したい場面。すなわち、ブル・ベアの分岐点に位置している。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

遅行スパンは、ローソク足に沿って上昇してきているが、間もなく、高値を付けたローソク足を通過する点に注目したい。

また、買いシグナル点灯時の猶予期間中に付けた高値113.50円近辺をブレイクするかどうかも注視したい。

尚、4時間足スパンモデルでは、買いシグナルの順行パターンの買いサインが再点灯している点に加えて、赤色スパンの上向き変化時の猶予期間中に付けた高値113.35円を終値ベースでブレイクしてきており、順行パターンの買いサインが点灯している点に注目。

■「スパンオートシグナル」のご案内

こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。
短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

2018年11月 6日
dotline

2018NOV6.gif

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

添付チャートは、午前7時30分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、日足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆。陽転するかどうかの瀬戸際

○トレンド判断と戦略=目先、+2ラインと+1σラインの間をコアとするレンジ相場と判断。

戦略としては、目先、+2σラインと+1σラインの間でのレンジ相場を想定したカウンタートレーディングが推奨となるが、より詳細な上値や下値の目途の把握には、日足よりも下位の時間軸である4時間足等も参考にしたい。

尚、今後、遅行スパンがローソク足を上方にブレイクして陽転していくか、それとも、ローソク足に抑えられながら推移していくか、注視したい場面。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

遅行スパンは、ローソク足に沿って上昇してきているが、下放れるタイミングも近いと想定される点、引き続き注視しておきたい。

尚、4時間足スパンモデルでは、赤色スパンの逆行パターンの売りサインが点灯中である一方で、買いシグナルの順行パターンの買いサインが再度点灯している点、引き続き注意しておきたい。

引き続き、赤色スパンの上向き変化時の猶予期間中に付けた高値113.35円を終値ベースでブレイクすると、順行パターンの買いサインが点灯する点を注視したい。

■「スパンオートシグナル」のご案内

こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。
短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

2018年11月 5日
dotline

2018NOV5.gif

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

添付チャートは、午前7時30分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、日足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=陰転継続しており、基調としては、売り優勢

○トレンド判断と戦略=目先、+2ラインとセンターラインの間でのレンジ相場と判断。

戦略としては、目先、+2σラインとセンターラインの間でのレンジ相場を想定したカウンタートレーディングが推奨となるが、より詳細な上値や下値の目途の把握には、日足よりも下位の時間軸である4時間足等も参考にしたい。

尚、陰転中の遅行スパンがローソク足に接近・接触するタイミングは、ドル上値が重くなりやすい点、注意しておきたい。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

遅行スパンは、ローソク足に沿って上昇してきているが、下放れるタイミングも近いと想定される点、注視しておきたい。

尚、4時間足スパンモデルでは、赤色スパンの逆行パターンの売りサインが点灯中である一方で、買いシグナルの順行パターンの買いサインが再度点灯している点、注意しておきたい。

赤色スパンの上向き変化時の猶予期間中に付けた高値113.35円を終値ベースでブレイクすると、順行パターンの買いサインが点灯する点を注視したい。

■「スパンオートシグナル」のご案内

こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。
短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

2018年11月 2日
dotline

2018NOV2.gif

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

添付チャートは、午前7時30分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、日足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=陰転継続しており、基調としては、売り優勢

○トレンド判断と戦略=目先、+1ラインと-1σラインの間でのレンジ相場と判断。

戦略としては、目先、+1σラインと-1σラインの間でのレンジ相場を想定したカウンタートレーディングが推奨となるが、より詳細な上値や下値の目途の把握には、日足よりも下位の時間軸である4時間足等も参考にしたいところ。

遅行スパンが、高値をつけたローソク足を通過してきていることが、ドル上値を抑える要因となっている点、引き続き、念頭においておきたい場面。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

遅行スパンは、ローソク足に沿って上昇してきているが、下放れるタイミングも近いと想定される点、注視しておきたい。

尚、4時間足スパンモデルでは、赤色スパンの逆行パターンの売りサインに加えて、買いシグナルの逆行パターンの売りサインが点灯している点、引き続き注目。

■「スパンオートシグナル」のご案内

こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。
短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

2018年11月 1日
dotline

2018NOV1.gif

以下、「マーフィーの実践トレードコーチング」からの一部抜粋です。

添付チャートは、午前7時30分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、日足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析に重点をおく)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=陰転継続しており、基調としては、売り優勢

○トレンド判断と戦略=目先、+1ラインとセンターラインの間をコアとするレンジ相場と判断。

戦略としては、目先、+1σラインとセンターラインの間でのレンジ相場を想定したカウンタートレーディングが推奨となる。

もっとも、日足では、売買判断の際の想定レンジが広いため、引き続き、日足よりも下位の時間軸である4時間足等を参考にしたい。

遅行スパンが、高値をつけたローソク足を通過してきていることが、ドル上値を抑える要因となっている点、念頭においておきたい場面。

◆スパンモデル(主に時間・タイミング分析に重点をおく)

遅行スパンは、ローソク足に沿って上昇してきている点、引き続き、注意したい。

尚、4時間足スパンモデルでは、赤色スパンの逆行パターンの売りサインが点灯している。

加えて、買いシグナル点灯後の猶予期間中に付けた高値を再度下方にブレイクしており、逆行パターンの売りサインが再点灯している点、注目。

■「スパンオートシグナル」のご案内

こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。
短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

最新トピックス
FXブログカテゴリー
月別アーカイブ
FPnet.com
Copyright 1996 FPnet Co., Ltd. All rights reserved.