マーフィーの最強FX投資法を伝授ブログ スパンモデル・スーパーボリンジャー・アクティベート時間分析等の手法を駆使
マーフィーの最強FX投資法を伝授ブログ スパンモデル・スーパーボリンジャー・アクティベート時間分析等の手法を駆使
無料メールマガジン登録で特別レポートをプレゼント
マーフィの有料コンテンツ
タイアップ実施中

スパンモデル標準搭載

高速FX
条件達成でオリジナル動画プレゼント!
※詳細はキャンペーンページを
  ご確認ください


DMM FX
条件達成で書籍プレゼント!
※詳細はキャンペーンページを
  ご確認ください


外為ジャパン
条件達成で書籍プレゼント!
※詳細はキャンペーンページを
  ご確認ください


FXプライムbyGMO
【当サイト限定】最大13,000円
キャッシュバックキャンペーン実施中!


スパンモデル搭載のFX会社
外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ

FXプライムbyGMO



FX取引ならヒロセ通商へ

トレイダーズ証券[みんなのFX]

外為どっとコム

FXダイレクトプラス

トラリピ×決済トレール

サクソバンク証券




MT4を使える会社


スパンモデル標準搭載

高速FX
条件達成でオリジナル動画プレゼント!
※詳細はキャンペーンページを
  ご確認ください


OANDA Japan

MT4用スパンモデルダウンロード
サインツール(遅行スパンアタッカー)は、MT4でないと利用できません。




書籍情報

マーフィーの最強スパンモデルFX投資法
著者:柾木利彦
日本実業出版社 刊
ブログ筆者
FXブログ柾木利彦
マーフィーこと柾木利彦 (まさき としひこ)
1956年生
1980年大学卒業後、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。
ニューヨーク支店、東京本部の ドル円チーフディーラーを経て、
1992年米銀大手のシティバンク・欧州系大手のオランダ銀行東京支店
などで外国為替部長として外銀最大級のトレーディングチームを率いて活躍、現在に到る。
その間、「東京市場委員会」での副議長や「東京フォレックスクラブ」委員などを歴任。

卓越した市場関連知識を持ち、TV・ラジオ・新聞等で数多くの情報発信を行い、
東京外国為替市場の発展に貢献。
過去24年に及ぶトレード経験に基づき、独自のチャート分析 (「スパンモデル」
「スーパーボリンジャー」等)を確立。個人投資家に向けて最強の投資法
を伝授することをライフワークとして、現在も精力的に取り組んでいる。

お問い合わせ先
murphy@span-model.com

発行
投資助言・代理業
関東財務局長(金商)第1898号
東京都新宿区新宿2丁目5番16号 霞ビル4F
エフピーネット株式会社
代表取締役 松島 修
info@eagle-fly.com

FXブログリンク集
2018年6月22日
dotline

2018JUN22.gif

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、1時間足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析からの判断)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、+1σラインと-1σラインの間でのレンジ相場と判断。尚、引き続き、遅行スパンとローソク足の「同期性」に注目したい。すなわち、下落傾向にあるローソク足の影響を受けて、遅行スパンが共に下落する、つまりは、ドル反落のシナリオを念頭においておきたい場面。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=上昇方向

○スパンモデルシグナル(短期)=買いサイン点灯中(買いシグナルの順行パターン)

○遅行スパン=陰転するかどうかの瀬戸際

<<<1時間足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析からの判断)

○大局観=本格下落トレンド

○遅行スパン=陰転しており、売り優勢

○トレンド判断と戦略=終値が-1σラインの下方を推移するかぎり、本格下落トレンドと判断。一方、同ラインの上方で引けると、調整の反騰局面入りする可能性が高まる。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=上昇方向、売りサイン点灯中(逆行パターン)

○スパンモデルシグナル(短期)=買いサイン点灯中(売りシグナルの逆行パターン)

○遅行スパン=陰転してきており、基調としては、売り優勢

★★マーケットコメントの活用法の具体例

●「ポジショントレード」(中長期トレード)

⇒週足分析(週末のメルマガ参照)を大局観の把握、日足分析を売買判断に使う。
尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、日足スパンモデルを活用する。

●「スイングトレード」や「ゆったりデイトレ―ド」

 ⇒ 日足分析を大局観の把握、1時間足分析を売買判断に使う。
尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、1時間足スパンモデルを活用する。1時間足は刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

●「短期のデイトレード」

⇒ 1時間足分析を大局観の把握、5分足や1分足で売買判断を行う。
尚、1時間足、5分足、1分足は、刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

尚、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。そして、もう1つの「加速」のケースが「順行パターン」。尚、「逆行パターン」は、相場の向きがそれまでと逆方向に変化(逆行)する時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■スパンモデルスペシャルとは、スパンモデルとスーパーボリンジャーを同時表示させたチャートですが、添付のチャートは、スーパーボリンジャーの遅行スパンや+-3シグマラインを省いた簡易バージョンであり、このスパンモデルスペシャルを、新サインツールであるスパンオートシグナルで表示したものです。

■「スパンオートシグナル」のご案内

こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。
短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

2018年6月21日
dotline

2018JUN21.gif

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、1時間足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析からの判断)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、+2σラインとセンターラインの間をコアとするレンジ相場と判断。

尚、引き続き、遅行スパンとローソク足の「同期性」に注目。すなわち、下落傾向にあるローソク足に呼応して、遅行スパンが共に下落する、つまりは、ドル下落のシナリオを念頭においておきたい場面と読む。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=上昇方向

○スパンモデルシグナル(短期)=買いサイン点灯中(買いシグナルの順行パターン)

○遅行スパン=陽転しており、買い優勢。尚、引き続き、遅行スパンとローソク足の「同期性」に注目。

<<<1時間足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析からの判断)

○大局観=本格上昇トレンド

○遅行スパン=陽転継続しており、買い優勢

○トレンド判断と戦略=終値が+1σラインの上方を推移するかぎり、本格上昇トレンドと判断。一方、同ラインの下方で引けると、調整の反落局面入りする可能性が高まる。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=下落方向、買いサイン点灯中(逆行パターン)

○スパンモデルシグナル(短期)=売りサイン点灯中(買いシグナルの逆行パターン)

○遅行スパン=陽転しており、基調としては、買い優勢

★★マーケットコメントの活用法の具体例

●「ポジショントレード」(中長期トレード)

⇒週足分析(週末のメルマガ参照)を大局観の把握、日足分析を売買判断に使う。
尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、日足スパンモデルを活用する。

●「スイングトレード」や「ゆったりデイトレ―ド」

 ⇒ 日足分析を大局観の把握、1時間足分析を売買判断に使う。
尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、1時間足スパンモデルを活用する。1時間足は刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

●「短期のデイトレード」

⇒ 1時間足分析を大局観の把握、5分足や1分足で売買判断を行う。
尚、1時間足、5分足、1分足は、刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

尚、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。そして、もう1つの「加速」のケースが「順行パターン」。尚、「逆行パターン」は、相場の向きがそれまでと逆方向に変化(逆行)する時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■スパンモデルスペシャルとは、スパンモデルとスーパーボリンジャーを同時表示させたチャートですが、添付のチャートは、スーパーボリンジャーの遅行スパンや+-3シグマラインを省いた簡易バージョンであり、このスパンモデルスペシャルを、新サインツールであるスパンオートシグナルで表示したものです。

■「スパンオートシグナル」のご案内

こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。
短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

2018年6月20日
dotline

2018JUN20.gif

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、1時間足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析からの判断)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、+1σラインと-1σラインの間でのレンジ相場と判断。尚、引き続き、遅行スパンとローソク足の「同期性」に注目。すなわち、下落傾向にあるローソク足に呼応して、遅行スパンが共に下落する、つまりは、ドル下落のシナリオを念頭においておきたい場面と読む。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=上昇方向

○スパンモデルシグナル(短期)=買いサイン点灯中(買いシグナルの順行パターン)

○遅行スパン=陽転しており、買い優勢。尚、引き続き、遅行スパンとローソク足の「同期性」に注目。

<<<1時間足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析からの判断)

○大局観=調整のドル反騰局面、ブル・ベアの分岐点

○遅行スパン=陰転しつつもローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、調整の反騰局面の最終ターゲットである+2σラインに接近中。今後、本格上昇トレンド入りするか、それとも、レンジ相場いるするかどうかの瀬戸際に直面。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=下落方向、買いサイン点灯中(逆行パターン)

○スパンモデルシグナル(短期)=売りサイン点灯中(売りシグナルの順行パターン)

○遅行スパン=陰転継続しており、売り優勢

★★マーケットコメントの活用法の具体例

●「ポジショントレード」(中長期トレード)

⇒週足分析(週末のメルマガ参照)を大局観の把握、日足分析を売買判断に使う。
尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、日足スパンモデルを活用する。

●「スイングトレード」や「ゆったりデイトレ―ド」

 ⇒ 日足分析を大局観の把握、1時間足分析を売買判断に使う。
尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、1時間足スパンモデルを活用する。1時間足は刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

●「短期のデイトレード」

⇒ 1時間足分析を大局観の把握、5分足や1分足で売買判断を行う。
尚、1時間足、5分足、1分足は、刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

尚、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。そして、もう1つの「加速」のケースが「順行パターン」。尚、「逆行パターン」は、相場の向きがそれまでと逆方向に変化(逆行)する時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■スパンモデルスペシャルとは、スパンモデルとスーパーボリンジャーを同時表示させたチャートですが、添付のチャートは、スーパーボリンジャーの遅行スパンや+-3シグマラインを省いた簡易バージョンであり、このスパンモデルスペシャルを、新サインツールであるスパンオートシグナルで表示したものです。

■「スパンオートシグナル」のご案内

こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。
短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

2018年6月19日
dotline

2018JUN19.gif

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、1時間足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析からの判断)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、+2σラインとセンターラインの間でのレンジ相場と判断。尚、引き続き、遅行スパンとローソク足の「同期性」に注目。

すなわち、ローソク足の上昇歩調に合わせて、遅行スパンが上昇する格好で、ドル上昇してきたが、ピークアウトするローソク足のタイミングに呼応して、遅行スパンが共にピークアウトして反落する、つまりは、ドル反落のシナリオを念頭においておきたい場面。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=上昇方向

○スパンモデルシグナル(短期)=買いサイン点灯中(買いシグナルの順行パターン)

○遅行スパン=陽転しており、買い優勢。尚、引き続き、遅行スパンとローソク足の「同期性」に注目。

<<<1時間足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析からの判断)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、レンジトレーディングを行ったり、相場の放れの際にトレンドに乗りたい場面。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=上昇方向、売りサイン点灯中(逆行パターン)

○スパンモデルシグナル(短期)=売りシグナル点灯中

○遅行スパン=ローソク足に絡み、もみ合い相場を示唆

★★マーケットコメントの活用法の具体例

●「ポジショントレード」(中長期トレード)

⇒週足分析(週末のメルマガ参照)を大局観の把握、日足分析を売買判断に使う。
尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、日足スパンモデルを活用する。

●「スイングトレード」や「ゆったりデイトレ―ド」

 ⇒ 日足分析を大局観の把握、1時間足分析を売買判断に使う。
尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、1時間足スパンモデルを活用する。1時間足は刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

●「短期のデイトレード」

⇒ 1時間足分析を大局観の把握、5分足や1分足で売買判断を行う。
尚、1時間足、5分足、1分足は、刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

尚、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。そして、もう1つの「加速」のケースが「順行パターン」。尚、「逆行パターン」は、相場の向きがそれまでと逆方向に変化(逆行)する時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■スパンモデルスペシャルとは、スパンモデルとスーパーボリンジャーを同時表示させたチャートですが、添付のチャートは、スーパーボリンジャーの遅行スパンや+-3シグマラインを省いた簡易バージョンであり、このスパンモデルスペシャルを、新サインツールであるスパンオートシグナルで表示したものです。

■「スパンオートシグナル」のご案内

こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。
短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

2018年6月18日
dotline

2018JUN18.gif

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、1時間足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析からの判断)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、+2σラインとセンターラインの間をコアとするレンジ相場と判断。尚、引き続き、遅行スパンとローソク足の「同期性」に注目。

すなわち、ローソク足の上昇歩調に合わせて、遅行スパンが上昇する格好で、ドル上昇してきたが、ピークアウトするローソク足のタイミングに呼応して、遅行スパンが共にピークアウトして反落する、つまりは、ドル反落のシナリオを念頭においておきたい場面。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=上昇方向

○スパンモデルシグナル(短期)=買いサイン点灯中(買いシグナルの順行パターン)

○遅行スパン=陽転しており、買い優勢。尚、引き続き、遅行スパンとローソク足の「同期性」に注目。

<<<1時間足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析からの判断)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、レンジトレーディングを行ったり、相場の放れの際にトレンドに乗りたい場面。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=上昇方向、売りサイン点灯中(逆行パターン)

○スパンモデルシグナル(短期)=売りサイン点灯中(買いシグナルの逆行パターン)

○遅行スパン=陽転しつつもローソク足に絡み、もみ合い相場を示唆

★★マーケットコメントの活用法の具体例

●「ポジショントレード」(中長期トレード)

⇒週足分析(週末のメルマガ参照)を大局観の把握、日足分析を売買判断に使う。
尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、日足スパンモデルを活用する。

●「スイングトレード」や「ゆったりデイトレ―ド」

 ⇒ 日足分析を大局観の把握、1時間足分析を売買判断に使う。
尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、1時間足スパンモデルを活用する。1時間足は刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

●「短期のデイトレード」

⇒ 1時間足分析を大局観の把握、5分足や1分足で売買判断を行う。
尚、1時間足、5分足、1分足は、刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

尚、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。そして、もう1つの「加速」のケースが「順行パターン」。尚、「逆行パターン」は、相場の向きがそれまでと逆方向に変化(逆行)する時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■スパンモデルスペシャルとは、スパンモデルとスーパーボリンジャーを同時表示させたチャートですが、添付のチャートは、スーパーボリンジャーの遅行スパンや+-3シグマラインを省いた簡易バージョンであり、このスパンモデルスペシャルを、新サインツールであるスパンオートシグナルで表示したものです。

■「スパンオートシグナル」のご案内

こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。
短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

2018年6月15日
dotline

2018JUN15.gif

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、1時間足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析からの判断)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、+2σラインとセンターラインの間でのレンジ相場と判断。尚、引き続き、遅行スパンとローソク足の「同期性」に注目。すなわち、ローソク足の上昇歩調に合わせて、遅行スパンが上昇していくシナリオ(すなわち、ドルじり高推移)を念頭においておきたい場面が続く。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=上昇方向

○スパンモデルシグナル(短期)=買いサイン点灯中(買いシグナルの順行パターン)

○遅行スパン=陽転しており、買い優勢。尚、引き続き、遅行スパンとローソク足の「同期性」に注目。

<<<1時間足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析からの判断)

○大局観=本格上昇トレンド

○遅行スパン=陽転しており、買い優勢

○トレンド判断と戦略=終値が+1σラインの上方を推移するかぎり、本格上昇トレンドと判断。一方、同ラインの下方で引けると、調整の反落局面入りする可能性が高まる。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=上昇方向、買いサイン点灯中(逆行パターン)

○スパンモデルシグナル(短期)=買いサイン点灯中(売りシグナルの逆行パターン)

○遅行スパン=陽転しつつもローソク足に絡み、もみ合い相場を示唆

★★マーケットコメントの活用法の具体例

●「ポジショントレード」(中長期トレード)

⇒週足分析(週末のメルマガ参照)を大局観の把握、日足分析を売買判断に使う。
尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、日足スパンモデルを活用する。

●「スイングトレード」や「ゆったりデイトレ―ド」

 ⇒ 日足分析を大局観の把握、1時間足分析を売買判断に使う。
尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、1時間足スパンモデルを活用する。1時間足は刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

●「短期のデイトレード」

⇒ 1時間足分析を大局観の把握、5分足や1分足で売買判断を行う。
尚、1時間足、5分足、1分足は、刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

尚、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。そして、もう1つの「加速」のケースが「順行パターン」。尚、「逆行パターン」は、相場の向きがそれまでと逆方向に変化(逆行)する時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■スパンモデルスペシャルとは、スパンモデルとスーパーボリンジャーを同時表示させたチャートですが、添付のチャートは、スーパーボリンジャーの遅行スパンや+-3シグマラインを省いた簡易バージョンであり、このスパンモデルスペシャルを、新サインツールであるスパンオートシグナルで表示したものです。

■「スパンオートシグナル」のご案内

こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。
短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

2018年6月14日
dotline

2018JUN14.gif

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、1時間足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析からの判断)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、+2σラインとセンターラインの間でのレンジ相場と判断。尚、引き続き、遅行スパンとローソク足の「同期性」に注目。

すなわち、ローソク足の上昇歩調に合わせて、遅行スパンが上昇していくシナリオ(すなわち、ドルじり高推移)を念頭においておきたい場面が続く。

一方、昨日の安値をブレイクすると、反落しやすくなる点も念頭においておきたい場面。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=上昇方向

○スパンモデルシグナル(短期)=買いサイン点灯中(買いシグナルの順行パターン)

○遅行スパン=陽転しており、買い優勢。尚、引き続き、遅行スパンとローソク足の「同期性」に注目。

<<<1時間足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析からの判断)

○大局観=レンジ相場、相場の放れ待ち

○遅行スパン=陰転しつつもローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、レンジトレーディングを行ったり、相場の放れの際にトレンドに乗りたい場面。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=上昇方向、買いサイン点灯中(順行パターン)

○スパンモデルシグナル(短期)=買いサイン点灯中(買いシグナルの順行パターン)

○遅行スパン=陽転継続しつつもローソク足に絡み、もみ合い相場を示唆

★★マーケットコメントの活用法の具体例

●「ポジショントレード」(中長期トレード)

⇒週足分析(週末のメルマガ参照)を大局観の把握、日足分析を売買判断に使う。
尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、日足スパンモデルを活用する。

●「スイングトレード」や「ゆったりデイトレ―ド」

 ⇒ 日足分析を大局観の把握、1時間足分析を売買判断に使う。
尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、1時間足スパンモデルを活用する。1時間足は刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

●「短期のデイトレード」

⇒ 1時間足分析を大局観の把握、5分足や1分足で売買判断を行う。
尚、1時間足、5分足、1分足は、刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

尚、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。そして、もう1つの「加速」のケースが「順行パターン」。尚、「逆行パターン」は、相場の向きがそれまでと逆方向に変化(逆行)する時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■スパンモデルスペシャルとは、スパンモデルとスーパーボリンジャーを同時表示させたチャートですが、添付のチャートは、スーパーボリンジャーの遅行スパンや+-3シグマラインを省いた簡易バージョンであり、このスパンモデルスペシャルを、新サインツールであるスパンオートシグナルで表示したものです。

■「スパンオートシグナル」のご案内

こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。
短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

2018年6月13日
dotline

2018JUN13.gif

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、1時間足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析からの判断)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、+1σラインとセンターラインの間をコアとするレンジ相場と判断。尚、引き続き、遅行スパンとローソク足の「同期性」に注目。すなわち、ローソク足の上昇歩調に合わせて、遅行スパンが上昇していくシナリオ(すなわち、ドルじり高推移)を念頭においておきたい場面が続く。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=上昇方向

○スパンモデルシグナル(短期)=買いサイン点灯中(買いシグナルの順行パターン)

○遅行スパン=陽転しており、買い優勢。尚、引き続き、遅行スパンとローソク足の「同期性」に注目。遅行スパンがローソク足に支えられて推移するかぎり、ドル底堅いと読む。

<<<1時間足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析からの判断)

○大局観=レンジ相場、緩やかな上昇トレンド

○遅行スパン=ローソク足に絡みつつも陽転継続しており、基調として、買い優勢

○トレンド判断と戦略=目先、レンジトレーディングを行ったり、相場の放れの際にトレンドに乗りたい場面。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=上昇方向、買いサイン点灯中(順行パターン)

○スパンモデルシグナル(短期)=買いサイン点灯中(買いシグナルの順行パターン)

○遅行スパン=陽転継続しており、買い優勢

★★マーケットコメントの活用法の具体例

●「ポジショントレード」(中長期トレード)

⇒週足分析(週末のメルマガ参照)を大局観の把握、日足分析を売買判断に使う。
尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、日足スパンモデルを活用する。

●「スイングトレード」や「ゆったりデイトレ―ド」

 ⇒ 日足分析を大局観の把握、1時間足分析を売買判断に使う。
尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、1時間足スパンモデルを活用する。1時間足は刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

●「短期のデイトレード」

⇒ 1時間足分析を大局観の把握、5分足や1分足で売買判断を行う。
尚、1時間足、5分足、1分足は、刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

尚、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。そして、もう1つの「加速」のケースが「順行パターン」。尚、「逆行パターン」は、相場の向きがそれまでと逆方向に変化(逆行)する時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■スパンモデルスペシャルとは、スパンモデルとスーパーボリンジャーを同時表示させたチャートですが、添付のチャートは、スーパーボリンジャーの遅行スパンや+-3シグマラインを省いた簡易バージョンであり、このスパンモデルスペシャルを、新サインツールであるスパンオートシグナルで表示したものです。

■「スパンオートシグナル」のご案内

こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。
短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

2018年6月12日
dotline

2018JUN12.gif

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、1時間足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析からの判断)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、+1σラインと-1σラインの間でのレンジ相場と判断。尚、遅行スパンとローソク足の「同期性」にも注目。すなわち、ローソク足の上昇歩調に合わせて、遅行スパンが上昇していくシナリオ(すなわち、ドルじり高推移)を念頭においておきたい場面。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=上昇方向

○スパンモデルシグナル(短期)=買いサイン点灯中(買いシグナルの順行パターン)

○遅行スパン=ローソク足に絡み、もみ合い相場を示唆。尚、遅行スパンとローソク足の「同期性」に注目したい。遅行スパンがローソク足に支えられて推移するかぎり、ドル底堅いと読む。

<<<1時間足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析からの判断)

○大局観=調整の反落局面、緩やかな上昇トレンド

○遅行スパン=陽転しており、基調として、買い優勢

○トレンド判断と戦略=終値が+1σラインの下方を推移するかぎり、調整の反騰局面と判断。一方、センターラインの上方を推移するかぎり、緩やかな上昇トレンドとも読む。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=上昇方向、売りサイン点灯中(逆行パターン)

○スパンモデルシグナル(短期)=売りサイン点灯中(買いシグナルの逆行パターン)

○遅行スパン=陽転継続しており、基調としては、買い優勢

★★マーケットコメントの活用法の具体例

●「ポジショントレード」(中長期トレード)

⇒週足分析(週末のメルマガ参照)を大局観の把握、日足分析を売買判断に使う。
尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、日足スパンモデルを活用する。

●「スイングトレード」や「ゆったりデイトレ―ド」

 ⇒ 日足分析を大局観の把握、1時間足分析を売買判断に使う。
尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、1時間足スパンモデルを活用する。1時間足は刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

●「短期のデイトレード」

⇒ 1時間足分析を大局観の把握、5分足や1分足で売買判断を行う。
尚、1時間足、5分足、1分足は、刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

尚、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。そして、もう1つの「加速」のケースが「順行パターン」。尚、「逆行パターン」は、相場の向きがそれまでと逆方向に変化(逆行)する時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■スパンモデルスペシャルとは、スパンモデルとスーパーボリンジャーを同時表示させたチャートですが、添付のチャートは、スーパーボリンジャーの遅行スパンや+-3シグマラインを省いた簡易バージョンであり、このスパンモデルスペシャルを、新サインツールであるスパンオートシグナルで表示したものです。

■「スパンオートシグナル」のご案内

こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。
短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

2018年6月11日
dotline

2018JUN11.gif

添付チャートは、午前7時20分頃現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、1時間足スパンモデルスペシャル簡易バージョンをスパンオートシグナルで表示したチャート(右)です。

<<<日足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析からの判断)

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、センターラインと-1σラインの間でのレンジ相場と判断。尚、遅行スパンとローソク足の「同期性」にも注目。すなわち、ローソク足の上昇歩調に合わせて、遅行スパンが上昇していくシナリオ(すなわち、ドルじり高推移)を念頭においておきたい場面。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=上昇方向

○スパンモデルシグナル(短期)=買いサイン点灯中(買いシグナルの順行パターン)

○遅行スパン=ローソク足に絡み、もみ合い相場を示唆。尚、遅行スパンとローソク足の「同期性」に注目したい。遅行スパンがローソク足に支えられて推移するかぎり、ドル底堅いと読む。

<<<1時間足分析>>>

◆スーパーボリンジャー(主に価格分析からの判断)

○大局観=緩やかな下落トレンド

○遅行スパン=陰転しており、基調として、売り優勢

○トレンド判断と戦略=終値がセンターラインの下方を推移するかぎり、緩やかな下落トレンドと判断。一方、終値がセンターラインの上方で引けると、本格的な調整の反騰局面入りする可能性が高まる。

◆スパンモデル(主に、時間・タイミング分析からの判断)

○赤色スパン(長期)=下落方向、買いサイン点灯中(逆行パターン)

○スパンモデルシグナル(短期)=売りサイン点灯中(売りシグナルの順行パターン)

○遅行スパン=陰転継続しており、売り優勢

★★マーケットコメントの活用法の具体例

●「ポジショントレード」(中長期トレード)

⇒週足分析(週末のメルマガ参照)を大局観の把握、日足分析を売買判断に使う。
尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、日足スパンモデルを活用する。

●「スイングトレード」や「ゆったりデイトレ―ド」

 ⇒ 日足分析を大局観の把握、1時間足分析を売買判断に使う。
尚、価格分析には、主に、日足スーパーボリンジャーを活用する。そして、タイミング(時間)分析には、1時間足スパンモデルを活用する。1時間足は刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

●「短期のデイトレード」

⇒ 1時間足分析を大局観の把握、5分足や1分足で売買判断を行う。
尚、1時間足、5分足、1分足は、刻々と変化するため、その都度判断を行うことが肝要。掲載の1時間足分析は、午前7時頃時点での参考例。

尚、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。そして、もう1つの「加速」のケースが「順行パターン」。尚、「逆行パターン」は、相場の向きがそれまでと逆方向に変化(逆行)する時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■スパンモデルスペシャルとは、スパンモデルとスーパーボリンジャーを同時表示させたチャートですが、添付のチャートは、スーパーボリンジャーの遅行スパンや+-3シグマラインを省いた簡易バージョンであり、このスパンモデルスペシャルを、新サインツールであるスパンオートシグナルで表示したものです。

■「スパンオートシグナル」のご案内

こちらのスパンオートシグナルご案内ページをお読みください。

■「マーフィーの無料FX講座」のご案内

本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学べます。
短期間にトレードのエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

最新トピックス
FXブログカテゴリー
月別アーカイブ
FPnet.com
Copyright 1996 FPnet Co., Ltd. All rights reserved.