マーフィーの最強FX投資法を伝授ブログ スパンモデル・スーパーボリンジャー・アクティベート時間分析等の手法を駆使
マーフィーの最強FX投資法を伝授ブログ スパンモデル・スーパーボリンジャー・アクティベート時間分析等の手法を駆使
無料メールマガジン登録で特別レポートをプレゼント
マーフィの有料コンテンツ
タイアップ実施中

スパンモデル標準搭載

DMM FX
口座開設後、取引をすると
書籍プレゼント!


外為ジャパン
口座開設後、取引をすると
書籍プレゼント!


FXダイレクトプラス
【当サイト限定】最大25,000円
キャッシュバックキャンペーン実施中!


FXプライムbyGMO
【当サイト限定】最大13,000円
キャッシュバックキャンペーン実施中!


スパンモデル搭載のFX会社
外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ

株式会社マネースクウェア・ジャパン

FXプライムbyGMO



FX取引ならヒロセ通商へ

トレイダーズ証券[みんなのFX]




MT4を使える会社


高速FX

OANDA Japan





書籍情報

マーフィーの最強スパンモデルFX投資法
著者:柾木利彦
日本実業出版社 刊
ブログ筆者
FXブログ柾木利彦
マーフィーこと柾木利彦 (まさき としひこ)
1956年生
1980年大学卒業後、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。
ニューヨーク支店、東京本部の ドル円チーフディーラーを経て、
1992年米銀大手のシティバンク・欧州系大手のオランダ銀行東京支店
などで外国為替部長として外銀最大級のトレーディングチームを率いて活躍、現在に到る。
その間、「東京市場委員会」での副議長や「東京フォレックスクラブ」委員などを歴任。

卓越した市場関連知識を持ち、TV・ラジオ・新聞等で数多くの情報発信を行い、
東京外国為替市場の発展に貢献。
過去24年に及ぶトレード経験に基づき、独自のチャート分析 (「スパンモデル」
「スーパーボリンジャー」等)を確立。個人投資家に向けて最強の投資法
を伝授することをライフワークとして、現在も精力的に取り組んでいる。

お問い合わせ先
murphy@span-model.com

発行
投資助言・代理業
関東財務局長(金商)第1898号
東京都新宿区新宿2丁目5番16号 霞ビル4F
エフピーネット株式会社
代表取締役 松島 修
info@eagle-fly.com

FXブログリンク集
2016年12月 9日
dotline

2016DEC9.gif

添付チャートは、午前7時45分現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、60分足スパンモデル(右)です。

<<日足スーパーボリンジャー>>

◆デイトレード・スイングトレード大局観把握、ポジショントレード売買判断

○大局観=調整の反落局面入りの兆候

○遅行スパン=陽転継続しており、買い優勢

○トレンド判断と戦略=日足終値が+1σライン(12月9日現在、114.15円近辺)の下方を推移するかぎり、調整の反落局面と判断。目先、同ラインを巡る、ブル・ベアの攻防戦をやっている格好。

<<60分足スーパーボリンジャー>>

◆デイトレード大局観把握、ゆったりデイトレード売買判断

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=陽転しつつもローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、レンジトレーディングを行ったり、相場の放れの際にトレンドに乗りたい場面。

<<60分足スパンモデル>>

◆スイング・ゆったりデイトレード売買判断、デイトレード大局観の補足的判断

○赤色スパン(長期トレンド方向)=下落、ただし逆行パターン(反転上昇を示唆)継続中

○スパンモデルシグナル=買い、ただし一旦は逆行パターン(反落を示唆)

○遅行スパン(長期、ゾーンとの位置関係)=ゾーンに絡み、もみ合い相場

○遅行スパン(短期、ローソク足との位置関係)=ローソク足に絡み、もみ合い相場

○注目ポイントと戦略=日足にて直近往来相場の地合いの中、赤色スパンやスパンモデルシグナルの逆行パターンが有効。

尚、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。相場の向きがそれまでと逆方向に推移しやすい時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■「マーフィーの無料FX講座」のご紹介
本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学んで頂けます。
短期間にエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

■「遅行スパンアタッカー」のご紹介
私が最も重視する「遅行スパン」をベースにしたトレンド発生のタイミングを教えてくれるツール、「遅行スパンアタッカー」をリリースしました。

2016年12月 8日
dotline

2016DEC8.gif

添付チャートは、午前7時45分現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、60分足スパンモデル(右)です。

<<日足スーパーボリンジャー>>

◆デイトレード・スイングトレード大局観把握、ポジショントレード売買判断

○大局観=調整の反落局面入りの兆候

○遅行スパン=陽転継続しており、買い優勢

○トレンド判断と戦略=日足終値が+1σライン(12月8日現在、114.00円近辺)の下方を推移するかぎり、調整の反落局面と判断。+3σラインの向きが、下落方向に変化してきており、調整の反落局面入りを示唆している点、引き続き、注意しておきたい場面。

<<60分足スーパーボリンジャー>>

◆デイトレード大局観把握、ゆったりデイトレード売買判断

○大局観=緩やかな下落トレンド

○遅行スパン=陰転しており、売り優勢

○トレンド判断と戦略=60分足終値がセンターラインの下方を推移するかぎり、緩やかな下落トレンドと判断。

<<60分足スパンモデル>>
◆スイング・ゆったりデイトレード売買判断、デイトレード大局観の補足的判断

○赤色スパン(長期トレンド方向)=上昇、ただし逆行パターン(反落を示唆)継続中

○スパンモデルシグナル=買い、ただし一旦は逆行パターン(反落を示唆)

○遅行スパン(長期、ゾーンとの位置関係)=ゾーンに絡み、もみ合い相場

○遅行スパン(短期、ローソク足との位置関係)=ローソク足に絡み、もみ合い相場

○注目ポイントと戦略=日足にて直近往来相場の地合いの中、赤色スパンやスパンモデルシグナルの逆行パターンが有効。

尚、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。相場の向きがそれまでと逆方向に推移しやすい時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■「マーフィーの無料FX講座」のご紹介
本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学んで頂けます。
短期間にエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

■「遅行スパンアタッカー」のご紹介
私が最も重視する「遅行スパン」をベースにしたトレンド発生のタイミングを教えてくれるツール、「遅行スパンアタッカー」をリリースしました。

2016年12月 7日
dotline

20161207 USDJPY.gif

添付チャートは、午前7時45分現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、60分足スパンモデル(右)です。

<<日足スーパーボリンジャー>>

◆デイトレード・スイングトレード大局観把握、ポジショントレード売買判断

○大局観=巡航速度の本格上昇トレンド継続中

○遅行スパン=陽転継続しており、買い優勢

○トレンド判断と戦略=日足終値が+1σライン(12月7日現在、113.90円近辺)の上方を推移するかぎり、引き続き、本格上昇トレンドと判断。一方、日足終値が+1σラインの下方で引けると、調整の反落局面入りする可能性が高まると読む。

尚、目先、日足終値は+2σライン(12月7日現在、116.60円近辺)+1σラインの間で推移しており、引き続き、巡航速度の本格上昇トレンドの中にある。加えて、注目すべきは、+3σラインの向き。すなわち、フラット化から下落方向に変化してきており、調整の反落局面入りを示唆している点、引き続き、注意しておきたい場面。

<<60分足スーパーボリンジャー>>

◆デイトレード大局観把握、ゆったりデイトレード売買判断

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、レンジトレーディングを行ったり、相場の放れの際にトレンドに乗りたい場面。

<<60分足スパンモデル>>

◆スイング・ゆったりデイトレード売買判断、デイトレード大局観の補足的判断

○赤色スパン(長期トレンド方向)=上昇、ただし逆行パターン(反落を示唆)継続中

○スパンモデルシグナル=買い、ただし一旦は逆行パターン(反落を示唆)

○遅行スパン(長期、ゾーンとの位置関係)=ゾーンに絡み、もみ合い相場

○遅行スパン(短期、ローソク足との位置関係)=ローソク足に絡み、もみ合い相場

○注目ポイントと戦略=日足にて直近往来相場の地合いの中、赤色スパンやスパンモデルシグナルの逆行パターンが有効。

尚、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。相場の向きがそれまでと逆方向に推移しやすい時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■「マーフィーの無料FX講座」のご紹介
本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学んで頂けます。
短期間にエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

■「遅行スパンアタッカー」のご紹介
私が最も重視する「遅行スパン」をベースにしたトレンド発生のタイミングを教えてくれるツール、「遅行スパンアタッカー」をリリースしました。

2016年12月 6日
dotline

20161206 USDJPY.gif

添付チャートは、午前7時45分現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、60分足スパンモデル(右)です。

<<日足スーパーボリンジャー>>

◆デイトレード・スイングトレード大局観把握、ポジショントレード売買判断

○大局観=巡航速度の本格上昇トレンド継続中

○遅行スパン=陽転継続しており、買い優勢

○トレンド判断と戦略=日足終値が+1σライン(12月6日現在、113.65円近辺)の上方を推移するかぎり、引き続き、本格上昇トレンドと判断。一方、日足終値が+1σラインの下方で引けると、調整の反落局面入りする可能性が高まると読む。

尚、目先、日足終値は+2σライン(12月6日現在、116.60円近辺)+1σラインの間で推移しており、引き続き、巡航速度の本格上昇トレンドの中にある。加えて、注目すべきは、+3σラインの向き。すなわち、フラット化から下落方向に変化してきており、調整の反落局面入りを示唆している点、引き続き、注意しておきたい場面。

<<60分足スーパーボリンジャー>>

◆デイトレード大局観把握、ゆったりデイトレード売買判断

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、レンジトレーディングを行ったり、相場の放れの際にトレンドに乗りたい場面。

<<60分足スパンモデル>>

◆スイング・ゆったりデイトレード売買判断、デイトレード大局観の補足的判断

○赤色スパン(長期トレンド方向)=上昇、ただし逆行パターン(反落を示唆)継続中

○スパンモデルシグナル=買い、ただし逆行パターン(反落を示唆)

○遅行スパン(長期、ゾーンとの位置関係)=ゾーンに絡み、もみ合い相場

○遅行スパン(短期、ローソク足との位置関係)=ローソク足に絡み、もみ合い相場

○注目ポイントと戦略=日足にて直近往来相場の地合いの中、赤色スパンやスパンモデルシグナルの逆行パターンが有効。

尚、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。相場の向きがそれまでと逆方向に推移しやすい時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■「マーフィーの無料FX講座」のご紹介
本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学んで頂けます。
短期間にエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

■「遅行スパンアタッカー」のご紹介
私が最も重視する「遅行スパン」をベースにしたトレンド発生のタイミングを教えてくれるツール、「遅行スパンアタッカー」をリリースしました。

2016年12月 5日
dotline

2016DEC5.gif

添付チャートは、午前8時15分現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、60分足スパンモデル(右)です。

<<日足スーパーボリンジャー>>

◆デイトレード・スイングトレード大局観把握、ポジショントレード売買判断

○大局観=巡航速度の本格上昇トレンド継続中

○遅行スパン=陽転継続しており、買い優勢

○トレンド判断と戦略=日足終値が+1σライン(12月5日現在、113.35円近辺)の上方を推移するかぎり、引き続き、本格上昇トレンドと判断。一方、日足終値が+1σラインの下方で引けると、調整の反落局面入りする可能性が高まると読む。

尚、目先、日足終値は+2σライン(12月5日現在、116.50円近辺)+1σラインの間で推移しており、引き続き、巡航速度の本格上昇トレンドの中にある。加えて、注目すべきは、+3σラインの向き。すなわち、フラット化から下落方向に変化してきており、調整の反落局面入りを示唆している点、注意しておきたい場面。

<<60分足スーパーボリンジャー>>

◆デイトレード大局観把握、ゆったりデイトレード売買判断

○大局観=本格下落トレンド

○遅行スパン=陰転しており、売り優勢

○トレンド判断と戦略=遅行スパンが陰転するかぎり、下落トレンドと判断。

<<60分足スパンモデル>>

◆スイング・ゆったりデイトレード売買判断、デイトレード大局観の補足的判断

○赤色スパン(長期トレンド方向)=下落、ただし一旦は逆行パターン(反落を示唆)

○スパンモデルシグナル=売り

○遅行スパン(長期、ゾーンとの位置関係)=陰転しており、売り優勢

○遅行スパン(短期、ローソク足との位置関係)=陰転しており、売り優勢

○注目ポイントと戦略=スパンモデルの売りシグナルは逆行パターンから順行パターンに変化しているが、今後、赤色スパンが順行に変化するかどうか注視したい場面。少なくとも、一旦は、値ごろ感からの買いは慎重、もしくは控えたい場面。

■「マーフィーの無料FX講座」のご紹介
本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学んで頂けます。
短期間にエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

■「遅行スパンアタッカー」のご紹介
私が最も重視する「遅行スパン」をベースにしたトレンド発生のタイミングを教えてくれるツール、「遅行スパンアタッカー」をリリースしました。

2016年12月 2日
dotline

2016DEC2.gif

添付チャートは、午前7時45分現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、60分足スパンモデル(右)です。

<<日足スーパーボリンジャー>>

◆デイトレード・スイングトレード大局観把握、ポジショントレード売買判断

○大局観=本格上昇トレンド継続中

○遅行スパン=陽転継続しており、買い優勢

○トレンド判断と戦略=日足終値が+1σライン(12月2日現在、113.20円近辺)の上方を推移するかぎり、引き続き、本格上昇トレンドと判断。一方、日足終値が+1σラインの下方で引けると、調整の反落局面入りする可能性が高まる。

<<60分足スーパーボリンジャー>>

◆デイトレード大局観把握、ゆったりデイトレード売買判断

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、レンジトレーディングを行ったり、相場の放れの際にトレンドに乗りたい場面。

<<60分足スパンモデル>>

◆スイング・ゆったりデイトレード売買判断、デイトレード大局観の補足的判断

○赤色スパン(長期トレンド方向)=上昇

○スパンモデルシグナル=買い

○遅行スパン(長期、ゾーンとの位置関係)=陽転継続しており、買い優勢

○遅行スパン(短期、ローソク足との位置関係)=ローソク足に絡み、もみ合い相場を示唆

○注目ポイントと戦略=赤色スパンが上昇傾向で推移(長期上昇トレンド)する中、押し目買い戦略が有効。

■「マーフィーの無料FX講座」のご紹介
本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学んで頂けます。
短期間にエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

■「遅行スパンアタッカー」のご紹介
私が最も重視する「遅行スパン」をベースにしたトレンド発生のタイミングを教えてくれるツール、「遅行スパンアタッカー」をリリースしました。

2016年12月 1日
dotline

2016DEC1.gif

添付チャートは、午前7時45分現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、60分足スパンモデル(右)です。

<<日足スーパーボリンジャー>>

◆デイトレード・スイングトレード大局観把握、ポジショントレード売買判断

○大局観=本格上昇トレンド継続中

○遅行スパン=陽転継続しており、買い優勢

○トレンド判断と戦略=日足終値が+1σライン(12月1日現在、112.90円近辺)の上方を推移するかぎり、引き続き、本格上昇トレンドと判断。一方、日足終値が+1σラインの下方で引けると、調整の反落局面入りする可能性が高まる。

<<60分足スーパーボリンジャー>>

◆デイトレード大局観把握、ゆったりデイトレード売買判断

○大局観=本格上昇トレンド

○遅行スパン=陽転しており、買い優勢

○トレンド判断と戦略=60分足終値が+1σラインの上方を推移するかぎり、本格上昇トレンドと判断。一方、同ラインの下方で引けると、調整の反落局面入りする可能性が高まる。

<<60分足スパンモデル>>

◆スイング・ゆったりデイトレード売買判断、デイトレード大局観の補足的判断

○赤色スパン(長期トレンド方向)=上昇

○スパンモデルシグナル=買い

○遅行スパン(長期、ゾーンとの位置関係)=陽転しており、買い優勢

○遅行スパン(短期、ローソク足との位置関係)=陽転しており、買い優勢

○注目ポイントと戦略=赤色スパンが上昇傾向で推移(長期上昇トレンド)する中、押し目買い戦略が有効。

■「マーフィーの無料FX講座」のご紹介
本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学んで頂けます。
短期間にエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

■「遅行スパンアタッカー」のご紹介
私が最も重視する「遅行スパン」をベースにしたトレンド発生のタイミングを教えてくれるツール、「遅行スパンアタッカー」をリリースしました。

2016年11月30日
dotline

20161130 USDJPY.gif

添付チャートは、午前7時45分現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、60分足スパンモデル(右)です。

<<日足スーパーボリンジャー>>

◆デイトレード・スイングトレード大局観把握、ポジショントレード売買判断

○大局観=本格上昇トレンド継続中

○遅行スパン=陽転継続しており、買い優勢

○トレンド判断と戦略=日足終値が+1σライン(11月30日現在、112.20円近辺)の上方を推移するかぎり、引き続き、本格上昇トレンドと判断。一方、日足終値が+1σラインの下方で引けると、調整の反落局面入りする可能性が高まる。

<<60分足スーパーボリンジャー>>

◆デイトレード大局観把握、ゆったりデイトレード売買判断

○大局観=調整の反落局面、レンジ相場

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=60分足終値が+1σラインの下方を推移するかぎり、調整の反落局面と判断。尚、目先、レンジ相場の地合いにあり、レンジトレーディングを行ったり、相場の放れの際にトレンドに乗りたい場面とも読む。

<<60分足スパンモデル>>

◆スイング・ゆったりデイトレード売買判断、デイトレード大局観の補足的判断

○赤色スパン(長期トレンド方向)=上昇、ただし一旦は逆行パターン(反落を示唆)

○スパンモデルシグナル=買い、ただし一旦は逆行パターン(反落を示唆)

○遅行スパン(長期、ゾーンとの位置関係)=ゾーンに絡み、もみ合い相場

○遅行スパン(短期、ローソク足との位置関係)=ローソク足に絡み、もみ合い相場

○注目ポイントと戦略=日足にて直近往来相場の地合いの中、赤色スパンやスパンモデルシグナルの逆行パターンが有効。

尚、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。相場の向きがそれまでと逆方向に推移しやすい時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■「マーフィーの無料FX講座」のご紹介
本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学んで頂けます。
短期間にエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

■「遅行スパンアタッカー」のご紹介
私が最も重視する「遅行スパン」をベースにしたトレンド発生のタイミングを教えてくれるツール、「遅行スパンアタッカー」をリリースしました。

2016年11月29日
dotline

20161129 USDJPY.gif

添付チャートは、午前7時45分現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、60分足スパンモデル(右)です。

<<日足スーパーボリンジャー>>

◆デイトレード・スイングトレード大局観把握、ポジショントレード売買判断

○大局観=本格上昇トレンド継続中

○遅行スパン=陽転継続しており、買い優勢

○トレンド判断と戦略=日足終値が+1σライン(11月29日現在、111.75円近辺)の上方を推移するかぎり、引き続き、本格上昇トレンドと判断。一方、日足終値が+1σラインの下方で引けると、調整の反落局面入りする可能性が高まる。

尚、目先、日足終値は+2σライン(11月29日現在、115.30円近辺)の下方で推移しており、「走る相場」は一旦終了した後、+2σラインと+1σラインの間で推移しており、巡航速度の本格上昇トレンドの中にあると読む。

<<60分足スーパーボリンジャー>>

◆デイトレード大局観把握、ゆったりデイトレード売買判断

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、レンジトレーディングを行ったり、相場の放れの際にトレンドに乗りたい場面。

<<60分足スパンモデル>>

◆スイング・ゆったりデイトレード売買判断、デイトレード大局観の補足的判断

○赤色スパン(長期トレンド方向)=下落、ただし逆行パターン(反転上昇を示唆)継続中

○スパンモデルシグナル=売り

○遅行スパン(長期、ゾーンとの位置関係)=陰転継続しており、売り優勢

○遅行スパン(短期、ローソク足との位置関係)=陰転継続しており、売り優勢

○注目ポイントと戦略=目先、赤色スパンの逆行パターンが順行パターンに変化するかどうか、引き続き、注視したい場面。

尚、「逆行パターン」とは、買いシグナル点灯時に高値圏となったり、売りシグナル点灯時に安値圏となったりするパターンのこと。相場の変化には、2通りあり、1つは「転換」、もう1つは「加速」。そして、「転換」のケースが、すなわち、「逆行パターン」を指す。相場の向きがそれまでと逆方向に推移しやすい時間帯を迎えると理解すると分かりやすい。

■「マーフィーの無料FX講座」のご紹介
本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学んで頂けます。
短期間にエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

■「遅行スパンアタッカー」のご紹介
私が最も重視する「遅行スパン」をベースにしたトレンド発生のタイミングを教えてくれるツール、「遅行スパンアタッカー」をリリースしました。

2016年11月28日
dotline

2016NOV28.gif

添付チャートは、午前7時45分現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、60分足スパンモデル(右)です。

<<日足スーパーボリンジャー>>

◆デイトレード・スイングトレード大局観把握、ポジショントレード売買判断

○大局観=本格上昇トレンド継続中

○遅行スパン=陽転継続しており、買い優勢

○トレンド判断と戦略=日足終値が+1σライン(11月28日現在、111.50円近辺)の上方を推移するかぎり、引き続き、本格上昇トレンドと判断。一方、日足終値が+1σラインの下方で引けると、調整の反落局面入りする可能性が高まる。

尚、目先、日足終値は+2σライン(11月28日現在、115.10円近辺)の下方で推移しており、「走る相場」は一旦終了した後、+2σラインと+1σラインの間で推移しており、巡航速度の本格上昇トレンドの中にあると読む。

<<60分足スーパーボリンジャー>>

◆デイトレード大局観把握、ゆったりデイトレード売買判断

○大局観=レンジ相場

○遅行スパン=ローソク足に絡み、レンジ相場を示唆

○トレンド判断と戦略=目先、レンジトレーディングを行ったり、相場の放れの際にトレンドに乗りたい場面。尚、レンジトレーディングとは、直近にある各シグマラインやセンターラインを目先の上値や下値の目途とした「逆張りトレード(上がったら売り、下がったら買い)」。基本形は、+1σラインから+2σラインにかけて売り上がり(分割エントリー&エグジット)、-1σラインから-2σラインにかけて買い下がる(分割エントリー&エグジット)「逆張り戦略」。

また、「相場の放れ」の条件は、(1)遅行スパンがローソク足から上放れる、もしくは、下放れる、(2)終値が+1σラインの上方にて引ける、もしくは、-1σラインの下方にて引ける、(3)バンド幅が拡大傾向に転じる、等々。加えて、放れのタイミングで、終値が+2σラインを上回る、もしくは、-2σラインを下回ること、さらには、遅行スパンがローソク足のみならず、+-2σラインをブレイクすることが望ましい。

<<60分足スパンモデル>>

◆スイング・ゆったりデイトレード売買判断、デイトレード大局観の補足的判断

○赤色スパン(長期トレンド方向)=上昇

○スパンモデルシグナル=売り

○遅行スパン(長期、ゾーンとの位置関係)=陽転継続しており、買い優勢

○遅行スパン(短期、ローソク足との位置関係)=ローソク足に絡み、もみ合い相場

○注目ポイントと戦略=赤色スパンが上昇傾向で推移(長期上昇トレンド)する中、押し目買い戦略が有効。

■「マーフィーの無料FX講座」のご紹介
本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学んで頂けます。
短期間にエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

■「遅行スパンアタッカー」のご紹介
私が最も重視する「遅行スパン」をベースにしたトレンド発生のタイミングを教えてくれるツール、「遅行スパンアタッカー」をリリースしました。

FPnet.com
Copyright 1996 FPnet Co., Ltd. All rights reserved.