マーフィーの最強FX投資法を伝授ブログ スパンモデル・スーパーボリンジャー・アクティベート時間分析等の手法を駆使
マーフィーの最強FX投資法を伝授ブログ スパンモデル・スーパーボリンジャー・アクティベート時間分析等の手法を駆使
無料メールマガジン登録で特別レポートをプレゼント
マーフィの有料コンテンツ
タイアップ実施中

スパンモデル標準搭載

DMM FX
口座開設後、取引をすると
書籍プレゼント!


外為ジャパン
口座開設後、取引をすると
書籍プレゼント!


FXダイレクトプラス
【当サイト限定】最大30,000円
キャッシュバックキャンペーン実施中!(2016年6月30日まで)


スパンモデル搭載のFX会社
外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ

株式会社マネースクウェア・ジャパン

FXプライムbyGMO



FX取引ならヒロセ通商へ

トレイダーズ証券[みんなのFX]




MT4を使える会社


高速FX

OANDA Japan





書籍情報

マーフィーの最強スパンモデルFX投資法
著者:柾木利彦
日本実業出版社 刊
ブログ筆者
FXブログ柾木利彦
マーフィーこと柾木利彦 (まさき としひこ)
1956年生
1980年大学卒業後、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。
ニューヨーク支店、東京本部の ドル円チーフディーラーを経て、
1992年米銀大手のシティバンク・欧州系大手のオランダ銀行東京支店
などで外国為替部長として外銀最大級のトレーディングチームを率いて活躍、現在に到る。
その間、「東京市場委員会」での副議長や「東京フォレックスクラブ」委員などを歴任。

卓越した市場関連知識を持ち、TV・ラジオ・新聞等で数多くの情報発信を行い、
東京外国為替市場の発展に貢献。
過去24年に及ぶトレード経験に基づき、独自のチャート分析 (「スパンモデル」
「スーパーボリンジャー」等)を確立。個人投資家に向けて最強の投資法
を伝授することをライフワークとして、現在も精力的に取り組んでいる。

お問い合わせ先
murphy@span-model.com

発行
投資助言・代理業
関東財務局長(金商)第1898号
東京都新宿区新宿2丁目5番16号 霞ビル4F
エフピーネット株式会社
代表取締役 松島 修
info@eagle-fly.com

FXブログリンク集
2016年6月24日
dotline

20160624 USDJPY.gif

添付チャートは、午前8時20分現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、60分足スパンモデル(右)です。

★尚、日足スーパーボリンジャーは、スイングトレードやデイトレードの大局観、さらに、ポジショントレードの売買判断に使います。そして、60分足スパンモデルは、スイングトレードの売買判断やデイトレードの大局観、さらには、ゆったりデイトレードの売買判断に用いるのが有効的です。

<<日足スーパーボリンジャー>>

●大局観=調整のドル戻り上昇局面、ドル緩やかな下落トレンド、乱高下の展開

●遅行スパン=陰転継続しており、基調として、ドル売り優勢

●トレンド判断と戦略=日足終値が、-1σライン(6月24日現在、104.80円近辺)の上方で推移するかぎり、調整のドル戻り上昇局面と判断します。

一方、センターライン(6月24日現在、107.00円近辺)の下方を推移するかぎり、ドル緩やかな下落トレンドとも読みます。

尚、目先は、英国民投票の影響で乱高下の展開となっています。

<<60分足スパンモデル>>

●大局観=乱高下の展開

●遅行スパン=陽転継続しており、ドル買い優勢

●スパンモデルシグナル=ドル売り、一旦は逆行の展開

●トレンド判断と戦略=目先、乱高下の展開の中、赤色スパンやスパンモデルシグナルの逆行パターンが有効です。

■「遅行スパンアタッカー」のご紹介
私が最も重視する「遅行スパン」をベースにしたトレンド発生のタイミングを教えてくれるツール、「遅行スパンアタッカー」をリリースしました。

■「マーフィーの無料FX講座」のご紹介
本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学んで頂けます。
短期間にエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

2016年6月23日
dotline

20160623 USDJPY.gif

添付チャートは、午前8時20分現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、60分足スパンモデル(右)です。

★尚、日足スーパーボリンジャーは、スイングトレードやデイトレードの大局観、さらに、ポジショントレードの売買判断に使います。そして、60分足スパンモデルは、スイングトレードの売買判断やデイトレードの大局観、さらには、ゆったりデイトレードの売買判断に用いるのが有効的です。

<<日足スーパーボリンジャー>>

●大局観=ドル本格下落トレンド継続中、ブル・ベアの分岐点

●遅行スパン=陰転継続しており、ドル売り優勢

●トレンド判断と戦略=日足終値が、-1σライン(6月23日現在、104.80円近辺)の下方で推移するかぎり、引き続き、ドル本格下落トレンドと判断します。

一方、同ラインの上方で引けると、ドル反転上昇の展開となる可能性が高まります。目先、ブル・ベアの分岐点に位置しています。

<<60分足スパンモデル>>

●大局観=もみ合い相場

●遅行スパン=ゾーンの上方を推移、陽転継続しており、長期ではドル買い優勢の一方で、ローソク足に絡んで推移、短期ではもみ合い相場を示唆

●スパンモデルシグナル=ドル買い、ただし一旦は赤色スパンの逆行パターン(ドル反落)

●トレンド判断と戦略=目先、赤色スパンの逆行パターンとなっており、ドル上値の重さが示唆されます。今後、逆行から順行に変化していくタイミングを注視です。

尚、赤色スパンの逆行パターンとは、赤色スパンの向きが変化するタイミング(過去52本の中での新高値更新や新安値更新)にて、一旦は高値や安値になるパターンです。スパンモデルシグナルの逆行パターンと同様に活用します。

■「遅行スパンアタッカー」のご紹介
私が最も重視する「遅行スパン」をベースにしたトレンド発生のタイミングを教えてくれるツール、「遅行スパンアタッカー」をリリースしました。

■「マーフィーの無料FX講座」のご紹介
本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学んで頂けます。
短期間にエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

2016年6月22日
dotline

20160622 USDJPY.gif

添付チャートは、午前8時20分現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、60分足スパンモデル(右)です。

★尚、日足スーパーボリンジャーは、スイングトレードやデイトレードの大局観、さらに、ポジショントレードの売買判断に使います。そして、60分足スパンモデルは、スイングトレードの売買判断やデイトレードの大局観、さらには、ゆったりデイトレードの売買判断に用いるのが有効的です。

<<日足スーパーボリンジャー>>

●大局観=ドル本格下落トレンド継続中

●遅行スパン=陰転継続しており、ドル売り優勢

●トレンド判断と戦略=日足終値が、-1σライン(6月22日現在、105.10円近辺)の下方で推移するかぎり、引き続き、ドル本格下落トレンドと判断します。

一方、同ラインの上方で引けると、ドル反転上昇の展開となる可能性が高まります。

<<60分足スパンモデル>>

●大局観=ドル長期下落トレンド継続中ながらも目先はもみ合い相場、往来相場

●遅行スパン=陽転してきており、ドル買い優勢

●スパンモデルシグナル=ドル買い、ただし一旦は赤色スパンの逆行パターン(ドル反落)

●トレンド判断と戦略=目先、赤色スパンの逆行パターンとなっており、ドル上値の重さが示唆されます。逆行から順行に変化していくかどうか注視です。

尚、赤色スパンの逆行パターンとは、赤色スパンの向きが変化するタイミング(過去52本の中での新高値更新や新安値更新)にて、一旦は高値や安値になるパターンです。スパンモデルシグナルの逆行パターンと同様に活用します。

■「遅行スパンアタッカー」のご紹介
私が最も重視する「遅行スパン」をベースにしたトレンド発生のタイミングを教えてくれるツール、「遅行スパンアタッカー」をリリースしました。

■「マーフィーの無料FX講座」のご紹介
本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学んで頂けます。
短期間にエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

2016年6月21日
dotline

20160621 USDJPY.gif

添付チャートは、午前8時20分現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、60分足スパンモデル(右)です。

★尚、日足スーパーボリンジャーは、スイングトレードやデイトレードの大局観、さらに、ポジショントレードの売買判断に使います。そして、60分足スパンモデルは、スイングトレードの売買判断やデイトレードの大局観、さらには、ゆったりデイトレードの売買判断に用いるのが有効的です。

<<日足スーパーボリンジャー>>

●大局観=ドル本格下落トレンド継続中

●遅行スパン=陰転継続しており、ドル売り優勢

●トレンド判断と戦略=日足終値が、-1σライン(6月21日現在、105.30円近辺)の下方で推移するかぎり、引き続き、ドル本格下落トレンドと判断します。

一方、同ラインの上方で引けると、ドル反転上昇の展開となる可能性が高まります。

<<60分足スパンモデル>>

●大局観=ドル長期下落トレンド継続中

●遅行スパン=陰転継続しており、ドル売り優勢

●スパンモデルシグナル=ドル売り、ただし一旦は逆行の展開(ドル反転上昇)

●トレンド判断と戦略=赤色スパンが下落傾向で推移(ドル長期下落トレンド)する中、ドル戻り売り戦略が有効です。

尚、昨日以降、スパンモデルシグナルの逆行パターンが続いている点、注目です。直近で往来相場の地合いにあると、スパンモデルシグナルの逆行パターンが生じやすいことを利用して、戻り売りや押し目買いのチャンスを狙います。

■「遅行スパンアタッカー」のご紹介
私が最も重視する「遅行スパン」をベースにしたトレンド発生のタイミングを教えてくれるツール、「遅行スパンアタッカー」をリリースしました。

■「マーフィーの無料FX講座」のご紹介
本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学んで頂けます。
短期間にエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

2016年6月20日
dotline

20160620 USDJPY.gif

添付チャートは、午前8時20分現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、60分足スパンモデル(右)です。

★尚、日足スーパーボリンジャーは、スイングトレードやデイトレードの大局観、さらに、ポジショントレードの売買判断に使います。そして、60分足スパンモデルは、スイングトレードの売買判断やデイトレードの大局観、さらには、ゆったりデイトレードの売買判断に用いるのが有効的です。

<<日足スーパーボリンジャー>>

●大局観=ドル本格下落トレンド継続中

●遅行スパン=陰転継続しており、ドル売り優勢

●トレンド判断と戦略=日足終値が、-1σライン(6月20日現在、105.70円近辺)の下方で推移するかぎり、引き続き、ドル本格下落トレンドと判断します。

一方、同ラインの上方で引けると、ドル反転上昇の展開となる可能性が高まります。

尚、バンド幅が拡大傾向を続けるかどうかも注視です。すなわち、拡大傾向となる場合、ドル下落トレンド継続となる可能性が高まる一方で、縮小傾向に変化すると、調整のドル戻り上昇局面入りとなる可能性が高まるからです。

<<60分足スパンモデル>>

●大局観=ドル長期下落トレンド継続中ながらも目先はもみ合い相場の展開

●遅行スパン=ゾーン内を推移、陰転継続しており、長期ではドル売り優勢の一方で、ローソク足の上方を推移、短期ではドル買い優勢

●スパンモデルシグナル=ドル売り

●トレンド判断と戦略=赤色スパンが下落傾向で推移(ドル長期下落トレンド)する中、ドル戻り売り戦略が有効です。

■「遅行スパンアタッカー」のご紹介
私が最も重視する「遅行スパン」をベースにしたトレンド発生のタイミングを教えてくれるツール、「遅行スパンアタッカー」をリリースしました。

■「マーフィーの無料FX講座」のご紹介
本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学んで頂けます。
短期間にエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

2016年6月17日
dotline

20160617 USDJPY.gif

添付チャートは、午前8時30分現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、60分足スパンモデル(右)です。

★尚、日足スーパーボリンジャーは、スイングトレードやデイトレードの大局観、さらに、ポジショントレードの売買判断に使います。そして、60分足スパンモデルは、スイングトレードの売買判断やデイトレードの大局観、さらには、ゆったりデイトレードの売買判断に用いるのが有効的です。

<<日足スーパーボリンジャー>>

●大局観=ドル本格下落トレンド継続中

●遅行スパン=陰転継続しており、ドル売り優勢

●トレンド判断と戦略=日足終値が、-1σライン(6月17日現在、106.10円近辺)の下方で推移するかぎり、引き続き、ドル本格下落トレンドと判断します。

一方、同ラインの上方で引けると、ドル反転上昇の展開となる可能性が高まります。

<<60分足スパンモデル>>

●大局観=ドル長期下落トレンド継続中

●遅行スパン=陰転継続しており、ドル売り優勢

●スパンモデルシグナル=ドル売り

●トレンド判断と戦略=赤色スパンが下落傾向で推移(ドル長期下落トレンド)する中、ドル戻り売り戦略が有効です。

■「遅行スパンアタッカー」のご紹介
私が最も重視する「遅行スパン」をベースにしたトレンド発生のタイミングを教えてくれるツール、「遅行スパンアタッカー」をリリースしました。

■「マーフィーの無料FX講座」のご紹介
本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学んで頂けます。
短期間にエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

2016年6月16日
dotline

20160616 USDJPY.gif

添付チャートは、午前8時20分現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、60分足スパンモデル(右)です。

★尚、日足スーパーボリンジャーは、スイングトレードやデイトレードの大局観、さらに、ポジショントレードの売買判断に使います。そして、60分足スパンモデルは、スイングトレードの売買判断やデイトレードの大局観、さらには、ゆったりデイトレードの売買判断に用いるのが有効的です。

<<日足スーパーボリンジャー>>

●大局観=ドル本格下落トレンド継続中

●遅行スパン=陰転継続しており、ドル売り優勢

●トレンド判断と戦略=日足終値が、-1σライン(6月16日現在、106.70円近辺)の下方で推移し、バンド幅が拡大傾向で推移するかぎり、ドル本格下落トレンドと判断します。

一方、同ラインの上方で引けると、ドル反転上昇の展開となる可能性が高まります。

<<60分足スパンモデル>>

●大局観=ドル長期下落トレンド継続中ながらも目先は底固くもみ合い相場の展開

●遅行スパン=ゾーンに抑えられて推移、陰転継続しており、長期ではドル売り優勢の一方で、ローソク足に絡んで推移、短期ではもみ合い相場を示唆

●スパンモデルシグナル=ドル売り、一旦は逆行(ドル反転上昇)の展開

●トレンド判断と戦略=赤色スパンが下落傾向で推移(ドル長期下落トレンド)する中、ドル戻り売り戦略が有効です。

■「遅行スパンアタッカー」のご紹介
私が最も重視する「遅行スパン」をベースにしたトレンド発生のタイミングを教えてくれるツール、「遅行スパンアタッカー」をリリースしました。

■「マーフィーの無料FX講座」のご紹介
本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学んで頂けます。
短期間にエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

2016年6月15日
dotline

20160615 EURUSD1.gif

20160615 EURUSD2.gif

添付チャートは、本日発行しました無料メルマガの参考資料用のチャートです。

どうぞ、チャートを表示させながら、メルマガをお読み下さい。

2016年6月15日
dotline

20160615 USDJPY.gif

添付チャートは、午前8時30分現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、60分足スパンモデル(右)です。

★尚、日足スーパーボリンジャーは、スイングトレードやデイトレードの大局観、さらに、ポジショントレードの売買判断に使います。そして、60分足スパンモデルは、スイングトレードの売買判断やデイトレードの大局観、さらには、ゆったりデイトレードの売買判断に用いるのが有効的です。

<<日足スーパーボリンジャー>>

●大局観=ドル本格下落トレンド

●遅行スパン=陰転継続しており、ドル売り優勢

●トレンド判断と戦略=日足終値が、-1σライン(6月15日現在、107.00円近辺)の下方で推移し、バンド幅が拡大傾向で推移するかぎり、ドル本格下落トレンドと判断します。

一方、同ラインの上方で引けると、ドル反転上昇の展開となる可能性が高まります。

<<60分足スパンモデル>>

●大局観=ドル長期下落トレンド継続中ながらも目先は底固くもみ合い相場の展開

●遅行スパン=ゾーンの下方を推移、陰転継続しており、長期ではドル売り優勢の一方で、ローソク足に絡んで推移、短期ではもみ合い相場を示唆

●スパンモデルシグナル=ドル売り

●トレンド判断と戦略=赤色スパンが下落傾向で推移(ドル長期下落トレンド)する中、ドル戻り売り戦略が有効です。

■「遅行スパンアタッカー」のご紹介
私が最も重視する「遅行スパン」をベースにしたトレンド発生のタイミングを教えてくれるツール、「遅行スパンアタッカー」をリリースしました。

■「マーフィーの無料FX講座」のご紹介
本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学んで頂けます。
短期間にエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

2016年6月14日
dotline

20160614 USDJPY.gif

添付チャートは、午前8時20分現在のドル円(USD/JPY)日足スーパーボリンジャー(左)と、60分足スパンモデル(右)です。

★尚、日足スーパーボリンジャーは、スイングトレードやデイトレードの大局観、さらに、ポジショントレードの売買判断に使います。そして、60分足スパンモデルは、スイングトレードの売買判断やデイトレードの大局観、さらには、ゆったりデイトレードの売買判断に用いるのが有効的です。

<<日足スーパーボリンジャー>>

●大局観=ドル本格下落トレンド、レンジ相場、ブル・ベアの分岐点

●遅行スパン=陰転してきており、ドル売り優勢

●トレンド判断と戦略=日足終値が、-1σライン(6月14日現在、107.20円近辺)の下方で推移し、バンド幅が拡大傾向で推移するかぎり、ドル本格下落トレンド入りの可能性が高まると判断します。一方、同ラインの上方で引けると、ドル反転上昇の展開となる可能性が高まります。

<<60分足スパンモデル>>

●大局観=ドル長期下落トレンド継続中ながらも目先は底固い展開

●遅行スパン=陰転しており、ドル売り優勢

●スパンモデルシグナル=ドル売り、逆行(ドル上昇)の展開継続中

●トレンド判断と戦略=赤色スパンが下落傾向で推移(ドル長期下落トレンド)する中、ドル戻り売り戦略が有効です。

一方、逆行パターンも注視したい場面であり、ドル反転上昇の動きにも注目です。

■「遅行スパンアタッカー」のご紹介
私が最も重視する「遅行スパン」をベースにしたトレンド発生のタイミングを教えてくれるツール、「遅行スパンアタッカー」をリリースしました。

■「マーフィーの無料FX講座」のご紹介
本物のトレード手法を「マーフィーの無料FX講座」にて学んで頂けます。
短期間にエッセンスを知ることが出来る無料コースです。

FPnet.com
Copyright 1996 FPnet Co., Ltd. All rights reserved.